top of page

【限定36名】「麻酔モニタリング」をマスターしませんか?

今回のJaVECCS夏季大会では、麻酔モニターのトラブルシューティングに関する知識と実践的なスキルを習得できる実習を開催します!安全な麻酔管理を実施するために必要な知識とスキルを身につけることができます。お席に限りがございますので、お早めのお申し込みをお勧めいたします。


日時:8/18(金)・8/19(土)いずれかの9:00−12:00

場所:両国KFCルーム&ホール

住所:〒130-0015 東京都墨田区横網1丁目6−1


※長時間の実習ですが、本大会に参加していただいた方々を対象に重複する講演の見逃し配信を行う予定です。

<麻酔モニター実習カリキュラム>


1. 麻酔モニターの基本原理の理解:

酔モニターの機能や動作原理について学びます。モニターがどのように生体パラメーターを計測し、表示するのかを理解できるようになります。


2. 一般的なトラブルの特定都解決策の習得:

よく遭遇する麻酔モニターのトラブルについて学び、それらを特定し解決するための手順を習得します。シグナルの欠如、異常なデータ表示、アラームの誤作動などに対する対処法を実践的に学ぶことができます。


3. シュミレーション演習と実践的なケーススタディ:

実際のシミュレーションやケーススタディを通じて、現場のリアルな状況を再現し、トラブルシューティングのスキルを身につけることができます。様々なシナリオに基づいて問題解決能力を養うことができます。


4. チームワークとコミュニケーションの重要性:

麻酔モニターのトラブル解決において、チームワークと効果的なコミュニケーションが不可欠です。グループ演習やディスカッションを通じて、チーム内での連携とコミュニケーションスキルを向上することができます。



閲覧数:210回

Comments


bottom of page